相続税申告は東海市の【税理士法人心 東海税理士事務所】まで

税理士法人心

  1. 続きはこちら
  2. 続きはこちら
  3. 続きはこちら
  4. 続きはこちら
  5. 続きはこちら

選ばれる理由一覧はこちら

お客様相談室

新着情報

  • 選ばれる理由へ

税理士紹介へ

スタッフ紹介へ

相続税の相談をするタイミング

  • 最終更新日:2021年7月27日

1 相談のタイミングは2つ

相続税の相談をするタイミングは、大きく分けて2つあります。

1つは、生前のうちに、相続税を軽減するための活動をしたり、相続税の納税資金を用意するといった対策をするときです。

2つ目は、相続発生後に、相続税の申告を行うときです。

いずれのタイミングでも共通しているのが、「相談をするなら、できるだけ早い方がいい」という点です。

なぜ、相談が早い方がいいのかについて、ご説明します。

2 生前の対策は早いほど効果が高い

生前に、相続税の軽減をしようとする場合、生前贈与という手法が用いられることがあります。

贈与を行っても、一定額までであれば、贈与税が課せられません。

その制度を利用して、どんどん生前贈与をして、遺産額を減らすという手法が考えられます。

10年や、20年をかけて生前贈与をしていけば、遺産の額を大幅に減らすことができるため、時間をかければかけるほど、相続税の軽減効果は高くなります。

3 争族の防止も早い方が効果が高い

相続税の対策も重要ですが、ご家族が遺産の分け方を巡ってもめてしまわないように対策しておくことも重要です。

最も有効な手段として、遺産の分け方を指定してしまうという方法があります。

しかし、高齢になった時に遺産の分け方を指定しても、相続発生後に「高齢や認知症のせいで、判断能力が低下していたはずだ」といった主張がなされる可能性があります。

そのため、判断能力の低下を疑われないように、できるだけ早い時期から、遺産の分け方を指定しておく必要があります。

そのような、遺産の分け方の指定を考えるきっかけをつくるためにも、早い時期から相続税の相談をすることが大切です。

4 相続発生後は時間がありません

相続税の申告は、10か月以内という期間制限があるため、急ぐ必要があります。

この10か月の間に、役所で必要な書類を集め、遺産の内容を調査し、遺産の分け方まで決めなければなりません。

そのため、10か月というのは、決して余裕がある期限ではありません。

相続発生後は、すぐに相続税の相談をしましょう。

お問合せ・アクセス・地図へ

お問合せ・アクセス・地図へ